menu

憲法24条の改憲には絶対に反対します

現在の改憲論議の中で、見逃されがちなのが憲法24条です。

現行憲法は、「婚姻は、両性の合意のみ」に基づくと明記し、「法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない」としています。戦前の家父長制度と決別し、個人の尊厳を明記した画期的な条文です。

ところが、自民党の改憲条文案などを見ると「家族」「婚姻」にまつわる論議は大変危険な要素をはらんでいると言わなければなりません。

「家族は社会の自然かつ基礎的な単位として尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない。」という条文の追加が想定されています。「互いに助け合う」という圧力は、現在でさえ、いわゆる「介護離職」を余儀なくされ、虐待された子どもたちに我慢を強制し続けています。改憲はこの現実をさらに悪化させるでしょう。性別役割分業を強化する、許すことのできないものです。

また、自民党の改憲案は、「婚姻の選択」と「住居の自由」を「個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して法を制定すべき」とする対象から外し、婚姻は両性の合意のみの「のみ」を削除しました。

これは「個人」ではなく「家」を第一とした戦前、戦中の家族制度を彷彿とさせるものです。

そのような差別的な社会に訣別し、多様な生き方を認め合う社会を創っていきたいと思います。