決意・政策

痛みを力に 当事者の声を国政に

支援現場で出会う女性たちには、「私なんか生きていていいのだろうか」とつぶやく人がたくさんいます。
障がいや疾病、貧困、低賃金、解雇、自主避難、性暴力被害やDV、性的指向や性自認など、さまざまな困難に悩む当事者が「自己責任」を押し付けられています。
辛い時にみんなが支えあえる社会にしたい。
そのためには「困難を抱える人を支える」仕組みがもっと必要です。
国会の女性議員の割合はたった1割。
当事者として声を上げるために、国政へのチャレンジを決意しました。
困難を抱えたみんなの声を、国会に届けたい。
女性議員を増やしたい。
日本を暴力も差別も戦争もない国にしたい。
一人ひとりの痛みを力にして、誰もが自分らしく生きられる社会をつくりましょう。

佐藤かおりの政見放送の日程&内容は→こちら

政策

女性議員少なすぎ 4人に1人はDV LGBT差別禁止法
格差解消 避難者の住宅支援打ち切り 軍艦3隻

いのちの声を聴く

戦争はじめる法律いらない
戦争は究極的な暴力。女性や子どもが最大の被害者。集団的自衛権はいらない。

DV相談グラフ女性に対する暴力根絶
女性の4人に1人はDV被害者。すべての性暴力を禁止する法律を

選択的夫婦別姓などの実施
自民党の改憲草案では女性を家に押し込める家族制度が復活。絶対に許せません!
ジェンダー視点と国際基準で民法改正

性的マイノリティなどの差別をなくす
多様性が尊重される社会へ。性的指向や性自認による差別を禁止する法律を

未来の声を聴く

子どもの権利を守る
子どもに予算を使わない社会に未来はありません。
大学までの教育費と子どもの医療無償化。保育園待機児解消

奨学金イラスト若者に生きる希望を
日本は死にたい若者の数が世界一!
給付型奨学金を創設。ブラックバイト根絶。若年女性の性的搾取を禁止する法制度を

大地の声を聴く

地震大国、原発いらない
原発は廃炉。原発事故避難者の住宅支援。再生可能エネルギーで原発ゼロ

暮らしの声を聴く

時給1500貧困と格差のない社会へ
同一価値労働同一賃金の実現。最低賃金1500円は実現できる

女性議員を増やそう!
国会議員の半数を女性にして真の民主主義を

 

緊急アピール

【熊本地震】 女性が安心できる避難所を!
被災地では性暴力被害が多発することが報告されています。阪神淡路大震災、東日本日本大震災と民間女性団体も声をあげ、内閣府の通 知も出されパトロールなどが取り組まれ流ようにはなりました。しかし、熊本地震に際して、熊本市男女共同参画センターの「注意を喚起するチラシ」がニュー スになってしまう程、性暴力防止の取り組みが自治体でなされているとは言えません。地域で日ごろからの性暴力防止に取り組まなければ、被災時の被害を防ぐことはできません。

【沖縄】 米軍基地による性暴力を許さない!
繰り返される蛮行!沖縄に米軍基地を押し付け、暴力をやめさせられない日本政府とアメリカ政府に対し、沖縄の女性たちとともに強く抗議します。

【刑法強姦罪】法制審議会刑法改正要綱案について見解
2016年6月16日、法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会で刑法改正要綱案がまとまりました。今年9月の法制審総会で正式に決定され、来年の通常国会に上程される見込みです。1907年(明治40年)の現行刑法制定以来、初の強姦罪改正になります。100年以上たって、ようやく、刑法の性犯罪規定が見直されることにな要綱案について見解を述べています。